会員ログイン
メールアドレス
パスワード
再設定する

スタッフブログ

子どもの病気 〜インフルエンザ〜

2019/11/10
みなさん、こんにちは。

ジョイシッター事務局の原田です。



今回は、前回の続き、、、と言いますか、事前告知していた(笑)インフルエンザについてにお話です(^^)

福岡でも最近流行っていますね。シッティングの依頼もインフルエンザの病児依頼が増えています。





インフルエンザとは・・・インフルエンザウイルスに感染して起こる感染症です。



【感染経路】

感染している人の咳・くしゃみにより発生した飛沫を吸い込む、飛沫感染と、

感染した人が触った直後のドアノブなどに触り、そのまま目、鼻、口に触り感染する接触感染があります。



【症状】

咳やのどの痛みなどの呼吸器の症状だけでなく、高熱、全身のだるさ(倦怠感)食欲不振などの

全身症状が強く、頭痛や関節痛・筋肉痛など呼吸器以外の症状を伴うこともあります。

小児ではまれに急性脳症を、高齢者や免疫力の低下している人では肺炎を伴うなど

重症になることがあります。



【治療法】

抗インフルエンザウイルス薬の使用します。抗インフルエンザウイルス薬は、

インフルエンザ発症から48時間以内に使用すると、ウイルスの増殖を抑えて、

発熱などの症状が消えるのを早めたり、体外に排出されるウイルスの量を減らすなどの効果があります。



【予防法】

・普段から健康管理をし、十分に栄養と睡眠を取って抵抗力を高めておきましょう。

・人が多く集まる場所から帰ってきたときには手洗いを心がけましょう。

・アルコールを含んだ消毒液で手を消毒するのも効果的です。

・温度、湿度管理(適温:18~20℃、湿度:50~60%)







【湿度を上げる方法】

・濡れたタオルを部屋に干す   

・加湿器を購入

・霧吹きでダイレクトに湿度をアップ 

・植物による湿度対策

・お水を入れたコップを置く

・やかん・ケトルを使う などなど…



インフルエンザは、子どもだけでなく、大人もかかります。

かかったことに気付かず、周りの人にうつしてしまった…なんてことにならないよう、



早め早めの対応をしていきましょう(^^)





細めに水分補給をし、ウイルスを流していく事も、効果的のようです(*^^)v

ではでは、また次回ですね(*'ω'*)     

子どもの病気 〜RSウィルス〜

2019/11/09
みなさん、こんにちは(*'ω'*)
ジョイシッター事務局の原田です(^^)
よろしくお願いしまーす(*^_^*)♡

最近は朝晩寒くなり、日中も日が当たるところじゃないと肌寒く感じる日も
増えてきましたね(´・_・`)
子どもたちも、鼻水が出ていたり、突発的に熱が出たりする時期でもあります。
その日1日限りかと思いきや、お熱が数日続いたり・・・ただの風邪ならばまだ良いのですが、ウイルス系の病気にかかっていないか、心配にもなりますよね。
この時期に流行ってくる感染症の病気として、RSウイルスや、インフルエンザなどがあります。

今回は、RSウイルスについてお話しさせてもらいますね(^^)"



RSウイルスとは、、、

RSウイルスというウイルスによって引き起こされる、乳幼児の代表的な呼吸疾患です。生後1歳までにほぼ半数の子どもが感染し、
2~3歳までにほぼ全ての子どもが経験します。小さい子どもほど細気管支炎や肺炎など重症化しやすいので注意が必要な感染症です。
潜伏期間は、4日~6日。
【感染経路】
唾液や鼻水が不着したおもちゃ、これらに触れた手指を介して接触する接触感染と、
くしゃみなどによって発生する飛沫を介した飛沫感染があります。

【症状】
軽い鼻かぜ程度ですむ場合から、細気管支炎や、肺炎に至るまで、症状は様々です。
ほとんどの場合、1~2週間で徐々に回復しますが、重症例では、呼吸困難などの為に入院が必要となる場合もあります。

【予防】手洗いや、身の回りの物の消毒。タオルや洗面器などの共有は避けましょう。

どんな病気も、早く治すことに越したことはないです!!
いつもと違う”子どもの様子に気付き、早めに対応できるようにしたいですね(^^)
次回は福岡でも流行ってきている、インフルエンザについてお話ししたいと思います~(*'▽')
お楽しみに☆彡


【福岡のベビーシッター、病児保育、託児はジョイシッタープラスまで】

結婚式でのベビーシッター[福岡]

2019/11/08

★「ウェディングシッター(託児)」


こんにちは。ジョイシッター事務局です。
今回は、ホテルや式場など、結婚式でのベビーシッター利用について詳しくご紹介します。





子ども連れで結婚式に参加するには、高いハードルがありますよね。
子どもが泣いたり、ぐずってしまったり…そうなると周りを気にして楽しめないということにななってしまうことも多いでしょう。実際に、出席した結婚式で子どもが泣いていたり、ぐずっていたりする場面に遭遇して、「大変そうだな」と感じたこともあるのではないでしょうか。
そのため、子どもが小さいうちは式への参加を遠慮するという人もいるようです。 
しかし、せっかくのおめでたい行事、祝福したい気持ちも大きいはずですし、できることなら新郎新婦も来て欲しいと思っているはずです。
そんな時のために、ジョイシッター(福岡市中央区)ではウエディングの会場に来てくれるベビーシッター「ウェディングシッター」というサービスを提供しています。
招待する方に気兼ねなく参加してもらうために、結婚式の際にベビーシッターを依頼するという方も増えてきています。シッターを利用することで、「子どもがいると結婚式は大変」ということはなくなるのです。式場内で子どものお世話に専念してくれる人がいるということは、親としては安心して新郎新婦をお祝いすることができます。
 
先日も、結婚式をあげる方からの相談がありました。結婚式を挙げる立場になったときに「大切な友人を呼びたいけど、小さな子どもがいるから出席は厳しいのかな。」と悩んでいらっしゃいました。自分に子供がいないので感覚がわからず、招待自体を遠慮すべきかどうか迷っていらっしゃったのです。


そのようなときに結婚式場に来てくれるベビーシッターがいれば安心して招待することができるというわけです。
また、子どもを理由に参加を悩んでいたご家庭も「ベビーシッターがいるのなら」「託児があるのなら」と安心して参加してくれるでしょう。
結婚式場(ホテル含)での託児は多数の実績を誇るジョイシッターにお任せください。



https://joy-create.com/event/
 






ベビーシッターを依頼する理由


新郎新婦が結婚式にベビーシッターをお願いしたいと感じるのは、大きく2つの理由があります。
①参列者の子どもを見てもらいたい
結婚式の参列者のなかには、子どもがいることで出席を悩む方もいるようです。
 「大切な結婚式のシーンに子どもの泣き声が入っては申し訳ない」と感じる方や、「子どもの声を騒がしいと感じる方もいるのでは」というお悩みもあります。
実際に、式場にベビーシッターを手配していることを伝えると、喜んで出席してくれた招待客がいたり、子どもが泣いたときやぐずったときなどに、安心して子どもをお願いできる場所があるだけで、ホッとできる出席者もいたりするようです。 
そのため、新郎新婦側が、参列者の子どもの託児のために、結婚式場にベビーシッターを呼ぶというパターンも多いです。


②自分の子どもを見てもらいたい
新郎新婦のなかには、自分たちの子どもがすでにいる方もいるでしょう。
 
新郎新婦は式の主役ですので、子どもの面倒を見ている暇はほとんどありません。
親族や見てもらうという方も多いようですが、気兼ねしてしまうということもあるでしょう。
プロのベビーシッターに自分の子どもに専属でついてもらうことで、遠慮なく要望も伝えやすく、臨機応変に対応してもらえるため、集中して式に臨むことができます。







★結婚式でのベビーシッターは何をしてくれるの?


結婚式でのベビーシッターは、保護者が安心してゆっくり結婚式に参加できるよう安全で安心な託児を行います。生活の補助など、子どものお世話はもちろん、子どもが楽しくすごせるよう、さまざまな遊びや工夫をしてくれます。
大人には楽しく、大切な思い出となる結婚式ですが、小さな子どもにとっては退屈になってしまう場面も多いものです。自由に動き回れないことや、静かにしないといけない場面もあるでしょう。
そのようなときに別室でベビーシッターが子どもの遊び相手やお世話をすることで、退屈することなく自由にすごせて、保護者も子どものことを気にせず、結婚式をゆっくり楽しめるようです。
 
式によっては、途中で花束贈呈や花嫁のドレスを持つ時など、一時的に大切なセレモニーに参加するということもありますが、式場の方と連携してスムーズに引き継ぐことができるのもウェディングシッターを数多く行ってきたジョイシッターなら可能です。
また、親族の控室で託児を行う場合、挙式や挨拶のときには、控室で自由にすごし、食事のときには保護者のもとに戻るなど、状況に応じた対応できます。

ベビーシッターの利用
結婚式という特別な場所でベビーシッターをお願いする場合の、利用方法について気になる方もいるかもしれません。
 
ここでは、託児を依頼できる場所、料金、依頼方法について詳しく紹介します。
託児を依頼できる場所
結婚式にベビーシッターを呼ぶ場合、託児を行う場所については、式場に確認をしましょう。
 
多くの場合は、親族の控室や披露宴会場内で行われることが多いようです。
一方、会場内での託児の場合には、会場の一角に子どもが遊べるスペースを作り、子どもの様子に応じて利用できる体制を整え、保護者も子どもの存在を意識しながら、結婚式に参加できますよ。

★ベビーシッターの料金

結婚式でのベビーシッターの料金は、一般に1時間や1日いくらと決まっていることが多いようです。
利用料金はベビーシッター会社により異なりますが、ベビーシッターを2人お願いした場合、1日4時間の利用でおおよそ20,000円+会場設置費が相場のようです。1回50,000円といった形の会社もあるようです。
 
料金の内容は、子どもの人数や年齢、派遣するベビーシッターの人数で変わることがありますので、子どもの人数や年齢は把握しておくことで、詳細な内容を打ち合わせすることができます。
 
また、依頼の際には、準備するものを詳しく確認ましょう。
https://joy-create.com/event/



★ジョイシッターの依頼方法

サイトから予約が可能です。
結婚式場に確認することもありますのでお忘れのないよう。
ベビーシッターに依頼を検討するときには、まずは式場にベビーシッターを呼ぶことを伝えましょう。
その後、ベビーシッター用のスペースとして、どのような場所が利用できるのかを確認しましょう。子どもが自由にすごせるスペースとしては、控室を確保できると安心です。
場所の確保が確認できた後は、結婚式場に来てくれるベビーシッターを探しましょう。
 
ベビーシッター会社によっては、子どもの人数に応じて複数のベビーシッターを派遣することになるため、早めに予約を受け付けている場合もあるようです。
ベビーシッターを検討している場合は余裕を持って問いあわせができると安心かもしれません。
ジョイシッターの場合は直前でも対応出来ることがありますので、
「そのつもりはなかったけどやっぱり託児をつけたい」という方もお気軽にご相談ください。

 
そして、結婚式の詳細が決まったら、ベビーシッター会社と打ちあわせをします。

当日の日程表や依頼する子どもの人数、年齢を詳しく伝えることで、より詳細なシッティング内容の打ちあわせができるでしょう。
 



★では結婚式でジョイシッターを活用してみましょう


一生に一度の結婚式をより思い出深いものにするために、新郎新婦はもちろん、参加される全員が楽しめるよう、ベビーシッターにサポートしてもらってみてはいかがでしょうか。
招待客のなかには「ベビーシッターに子どもを預けるのは少し心配」という声もあるようです。
ジョイシッターでは結婚式でのベビーシッターに数多く対応しています。
ウェディングに対応した適切な研修に加えて適切な人材を派遣することができます。
ジョイシッターに登録しているベビーシッターは全員、面接と研修に合格しています。保育士や幼稚園、看護師といった国家資格やチャイルドマインダーなどの資格保有者が多数です。
幼稚園や保育園での勤務歴が10年以上の経験豊富なベテラン先生や、とにかく明るく爽やかな先生など、様々なタイプのシッターが参加しています。
託児がはじめてでベビーシッターに子どもを預けることが心配な方でも「保育園の先生など、プロのシッターが結婚式場で、託児をしてくれる」「保育のプロが保育をしてくれるなら!」と安心感を感じてもらえるのではないでしょうか。


福岡や近隣県で結婚式でベビーシッターを依頼しようと検討しているときには、是非、ジョイシッターにご相談ください。
ホテルや式場にベビーシッターを派遣して託児を行います。

https://joy-create.com/event/

シッター活用事例☆病児保育

2019/10/26
こんにちは!
ジョイシッター事務局のさっこです♪

以前、個人宅での託児(ベビーシッター/キッズシッター)の活用方法についてお伝えしました!

個人宅の託児では大きく2種類のサービスを提供していて、通常シッティングと病児保育に分けられます。
本日はその《病児保育》の活用事例についてお伝えしたいと思います(^^)/



〇病児保育 活用事例1〇
Aさん
《利用されたお客様の状況》
・両親共働き

・2人のお子様はどちらも保育園に通園

・下のお子様が中耳炎
    病院受診は済ませており、回復傾向

・第一子は保育園に預けることが出来た

・近くの病院の病児保育は受け入れも定員を達しており、
   第二子は預けることができなかった

・母は仕事の休みを取ることができなかった

上記の状況からベビーシッターの利用を決められたそうです。


まず、事前にメールで必要事項を確認しました。
 (⇒緊急時は電話対応もしますが、情報の漏れをなくすためメールでのやり取りをベースにしています。)

病院受診を済ませているお子様でもあったので、薬の確認と医師の見解などをお母様と事前に確認。
食事についても食べるものや量なども確認を行いました。

お子様自体は、回復傾向ということもあり、元気に過ごしていましたが、やはり病児ということもあり、昼寝の時間はいつもより長かったようです……( i _ i )
病気の時も多く場合は子供は元気です。しっかり遊びます。
激しい遊びをすると体調の悪化に繋がってしまうので、パズルや絵本、ままごとなどの静かな遊びを選ぶようにしています。

病児で不安もあったかもしれませんが、楽しい時間を過ごした様子がわかったのか、
お迎えの際の親御さんも安心してくださいました^^

 

寒暖差も激しくなり、また感染症も多くなる時期になります。

中央区の小学校では早くもインフルエンザが流行しており、学級閉鎖のクラスも出ているそうですよ(´⊙ω⊙`)

体調不良のお子様が増える時期にもなりますので、病児保育の利用がありましたら、ジョイシッターにご相談ください!


ではまた〜

イベント託児 NEWアイテム(^∇^)

2019/10/25

こんにちは!
ジョイシッター事務局のさっこです☆

今日はイベント託児の際に使用する
NEWアイテムについて紹介します\(^o^)/



ジョイクリエイトのシッターは、現在100名以上!

イベント託児の場合、複数名のシッターで対応をします。
その中でも大型のイベント託児では、30名ほどのシッターが参加することもあるため、
名前を覚えたくてもなかなか覚えられないことがあったりします(;_;)

名前で呼びつつ、お互い話しができるとお仕事での連携やその他にもコミュケーションが取りやすくなり、スムーズに物事を運ぶことができますよね!

以前は名前シールを貼っていましたが、激しく動き回る子供たちを保育する託児現場での対応中には、
シールがはずれてしまったり、見えなかったりと効果的とは言えませんでした…( ;  ; )


NEWアイテムとして
"腕章"を使うことにしました〜\(^o^)/



黄色で目立つし、可愛いですよね!!!
そして、子どもを抱っこしていても名前がしっかり見えます(^∇^)

先日、大型のイベント託児があり、そのときに初めて利用してみましたが、名前の把握がきちんとでき、また会話もしやすくなったように感じました♪

小さいなことですが、このような工夫と改善が"働きやすさ"に繋がると思います。
ひいては、子どもの安心安全な環境を提供することにも繋がると思うので、小さいな積み重ねを大切にしていきたいと思います( ◠‿◠ )


ではまた〜

AD成長日記vol.1

2019/10/23

こんにちは!



ジョイシッター事務局でAD(アシスタントディレクター)をしている古川です。


今回初めてブログを書かせていただくことになりました。

新人目線、男性目線から保育を通して学んだこと、感じたことを発信していけたらと思います。

拙い文章ではありますが、最後まで読んで頂ければ幸いです。


軽く自己紹介をさせていただきます。


大学では法学部で刑法を専攻し、体育会サッカー部に所属していました。

保育士としての勤務予定はありませんが、保育士の資格は取りたいと考えています。

人見知りですが、初めて入った時から周りのシッターさんたちに優しく話しかけてもらい助かっています。

(いつもありがとうございます!)



自己紹介はこの辺にして、さっそくブログの中身に入っていこうと思います。

今日は、現場の体験とそこでの学びについて書いていきます。


初めてイベント託児に入った日のことは今でも覚えています。

あの日から、たくさんの現場に入らせていただき、僕自身とても成長できたと実感しています。


今までは低年齢のお子様を預かる経験が少なかったので、

先日の託児では「おむつを完璧に替えれるようになりたい」という目標を立てて取り組みました。


事前に他のシッターさんたちにお願いをして、おむつ替えに積極的にチャレンジさせてもらいました。


事前に教科書などで勉強をして、イメージトレーニングまでは完璧だったのですが…

いざチャレンジしてみると、、、

緊張もあってパンツタイプのおむつに上手く足を通せなかったり、ゴロンゴロンしちゃう赤ちゃんに苦戦しました。


それでも周りのシッターさんたちは、アドバイスをくださったり、

できるまで見守ってくださったり、優しくサポートしてくださったり、

おむつを替える機会があるたびに僕を呼んでくださったりしたおかげでたくさんおむつ替えを経験することができました。


その結果、自分一人で替えられるぐらいには成長し自信がつきました。

いつも周りのシッターさん達の優しさに、感謝しかないです。


今回の託児では「おむつを完璧に替えれるようになりたい」という目標を持って臨み、それに向けて積極的にチャレンジしていけたので、次回以降も目標を持ってチャレンジしていきたいです。


このように、1回1回の託児にテーマや目標を持って少しでも何か自分の成長に繋げられるよう、常に向上心を持って頑張っていきます。




堅苦しい文章を、最後まで読んでいただきありがとうございます。

今週もイベント託児たくさん (^∇^)

2019/10/18
こんにちは!
ジョイシッター事務局のさっこです♪

先週に引き続き、今週も福岡市の博多区にあるウィズザスタイルにてママ向けのマネーセミナーがありました!

今回の託児では、1歳未満のお子様を多くお預かりしました。



1人のお子様に対して、1人か2人のシッターの割合でつくことができる環境でもあったので、それぞれのお子様との時間をいつもより密に楽しむことが出来ました(^ω^)

シッターの中には保育現場の経験者はもちろんのこと、子育て経験者も多くいます。
乳児期のお子様に癒されつつ、自分の子どもにも"こんな時期もあったよね〜"と懐かしんでもいました♪

託児の現場では、無邪気で元気な子どもたちのパワーをいつも貰うことが出来るからこそ、楽しいのです\(^o^)/

来週も引き続き、イベント託児のご依頼をいただいています!

準備をしっかりして、子どもたちが安心安全に過ごせる環境を作っていきたいと思います٩( 'ω' )و


早いことに10月も半分が過ぎましたね!
気温も下がり、日が沈むのも早くなり、秋を感じられるになってきましたヽ(´▽`)/

私はやっと秋物の服を着れるようになったので嬉しい限りです(笑)

寒暖差がありますので、体調には気をつけてお過ごしくださいね!
また、病児保育の際もご相談ください!
この時期はご利用も多く、予約をお受けできない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

ではまた〜

シッターの遊びのバラエティ向上〜折り紙や手遊び〜

2019/10/17
こんにちは!
ジョイシッター事務局のさっこです♪

以前にも少し紹介したシッター通信!

普段頻繁に会うことができないシッターさん達とのコミュニケーションの一環として、月に2回のペースで発行しています。

先月の10月号から発行スタート٩(^‿^)۶
シッター通信の1つに、付録をつけています。

託児・保育に関する情報や遊びのヒント、材料となるものを提供できるように!と思っています。


シッターの中には、保育現場の経験が少ない方もいます。
遊び方1つをとってもバリエーションがありません…(;_;)
先輩たちの動きを見て学ぶこともありますが、自分自身が身につけることも大事です!

そのツールの1つとして、付録を使って貰えればと思っています♪

前回は手遊び!
"とんとんとんとんヒゲ爺さん"
ができるようにガイドをつけました!

実はこの付録、事務局スタッフ1つずつパソコンを使って描いたものなんです╰(*´︶`*)╯♡
絵を見たら、手書きなのが伝わります笑
その写真はまたいつかの機会に、、、

10月号の第2回目では、"折り紙"です!
ハートと手裏剣の折り方が載っています(^^)/






折り紙が苦手なシッターも付録を活用して、折れるようになったらいいな!
これが折れたら、子どもたちからの人気も上がるかも!?!?
もちろん現場や事務所でも練習できますよ〜!

こうして、絶対に必要じゃないけどあった方がいい知識や技術も少しずつ高めていくのです。

あ、私も折り紙マスターを目指します\(^o^)/笑


ではまた〜

無駄を省いて無駄かもしれないことに力を注ごう!

2019/10/11

こんにちは!

ジョイシッタープラス運営事務局です^^


今日のタイトルはちょっと矛盾がありそうですね。

しかしこれが、ジョイシッターの目指す保育作りに必要な考え方なのです。



「無駄を省いて」という部分はそのままの意味で、

必要のないことをしていると、その分思考や労力を消費しますし、

無駄な工程が増えればその分事故やミスのリスクも増えてしまいます。


ましてやそれが毎日繰り返されることだとしたら何倍にもなってしまいます。


例えばジョイシッターのイベント託児においても、

子供をトイレに連れて行くという時に、

以前はシッターが自分の靴を探し、履いて連れて行っていました。

これも改善の余地があって、靴を探す時に一瞬でも目線を切ってしまいますし、

靴までの往復分、手間と労力がかかります。


それであれば、トイレに連れて行く用の靴を用意していたら解決します。

(居酒屋などのトイレ行く時用スリッパのイメージ)


このように、一見細かいことのようですが、その積み重ねがリスクに繋がっていくので、その1つ1つを改善していくことで、より安全な保育を作ることができると考えています。


「無駄かもしれないこと」というのは語弊がありそうです。

楽しそうだとか、役に立ちそうだとか、そういった言葉の方が近いかもしれません。


無駄を省いてできた余剰時間、思考の余地を生かして、より多くコミュニケーションをとったり、創造的な遊びをしたり、そういうことに力を注ぐことができるようにしていきましょうという考えです。


日々、保育ラボでこのようなことを少しずつ改善して、将来的に大きな改善となるように頑張っています。

急な依頼や大規模な出張託児にも安全に対応できるような仕組みができています!


では、また!



勉強会や朝活などのイベント託児(^∇^)/

2019/10/04
こんにちは!
ジョイシッター事務局のさっこです♪

9月最終の週末もたくさんのイベント託児、また県外での出張託児もありました!

今回県外への出張託児は、熊本県へ行ってきました。
大学の勉強会に参加される保護者様を対象としたもので、ホテルの1室をお借りして託児を実施しました。

子どもと一緒に折り紙を折ってみたり、お絵かきをしてみたりと紙類の遊び道具を使って遊びました(^∇^)



連日の勉強会ということもあり、最終日の3日目にもなると子どもたちとシッターもとっても仲良くなっていました╰(*´︶`*)╯♡笑

なので、お互いにお別れするのが寂しくなってしまいました(笑)


もう1つは、福岡市城南区でのイベント託児で
朝から活動する "朝活イベントでの託児"でした!

早い時間でのお預かりでしたが、子どもたちは朝からパワー全開\(^o^)/笑
ブロックや乗り物を使って、ただ遊ぶだけではなく、ボーリング遊びをしたりとひと工夫して遊びを楽しんでいました!
(やっぱり子どもは遊びの天才ですね☆)

朝の時間活用って、清々しくとても良いですよね〜♪

イベント・セミナー託児では、様々な時間帯の託児に対応しています。
ご利用を希望される方がおりましたら、ぜひ利用のしてみてくださいね♪

ではまた〜

個人宅の託児(ベビー/キッズシッター)〜活用方法〜

2019/10/03
こんにちは!
ジョイシッター事務局のさっこです☆

本日は”個人宅での託児(ベビーシッター/キッズシッター)”について、活用方法をお伝えします。

個人宅への託児には、
①個人の希望や様々な用途に合わせたシッターサービス
②病児保育
大きく2種類のサービスを提供しています。

その中でも
①個人向けのベビーシッターサービスについて
"どのような活用が出来るのか?"ということを説明していきたいと思います。

《〜利用の代表的な例〜》
・趣味や買い物などリフレッシュしたいときのお預かり
・急遽仕事が入り、預けられる人がいない際の利用
・兄弟児の行事ごとに参加しない、他の兄弟のお預かり
・スポーツ観戦など同行でのお預かり


《具体的な活用方法は?》

ここで一つ、具体的な利用例を紹介させていただきます!

先週末、お預かりさせていただいた福岡県糸島市のお客様、、、
そのご希望は、兄弟児の行事(運動会)に参加するので、下の子を家で見ていてほしいとのことでした。

お母様としては下の子も連れて運動会に参加したいお気持ちもあられたようですが、活発な年頃のお子様ということもあり、

動き回り迷子になってしまったらどうしよう…
周りの方に迷惑をかけてしまったらどうしよう…

とお母様としても不安なお気持ちがあられたかもしれませんね。


シッターご利用の予約をいただいた段階では、お母様はお家で過ごすだけのお預かりを考えておられました。
しかし、そんな中、お子様もお兄ちゃん達の運動会をみたいという希望もあり、
お母様から運動会の同行なども可能ですか?
とのご質問をいただきました。

同行を含めたお預かりも可能なので、お母様と、そしてお子様たちと一緒に見に行くことになりました!

実際に見に行くと、
兄弟の頑張っている姿を見て一生懸命応援したり、音楽に合わせて踊ってみたりと楽しんで過ごしてくれていました(^∇^)



お兄ちゃん達の競技に興味津々!
一緒に来られて良かったね〜♪

その後日には別のご用事の際のシッティングのリピート依頼もいただきました!
少しでも安心、満足いただけた時はスタッフ一同とても嬉しいです!

写真の協力も含め、本当にありがとうございます( ^ω^ )

今回の利用では、"どこか行くときに同行する"という活用の仕方もしていただきました!
シッターの利用としては、生活のお世話がメインと思われがちですが、同行での支援も可能です。


今後、同行を含めたお預かりなどの活用もしていただけたらと思っています!
また、同行シッターに限らず、兄弟の行事の時のご利用もたくさんあります。

ジョイシッターの個人宅利用、是非ご検討ください^^

ではまた〜

保育ラボ(J Lab)開設しました!

2019/10/02

こんにちは!


ジョイシッタープラスの運営事務局です。

先日からちらっとブログにも登場していた保育ラボがついに正式オープンしました!


ジョイクリエイトの事務局の一室を保育研究の専用室として使用していて、

この空間では「いい保育(託児)を追求する」というテーマのもと、

日々いい保育について研究をしていきます。


☆保育ラボではクリエイティブにーーーーーーー

自ら考えて動くということを大切にしています。

インプットして自分の器を広げたら、あとはそれを出すのみ!

自由にいろんな角度から保育を見ることで、

まさしく「いい保育」を作り出していきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


書籍エリアでは専門書や参考になる本を閲覧しながら研究を進めます。

必要な書籍は追加で発注することもできるようになっています。



また、写真にちらっと写り込んでいるキーボードも自由に使用することができます。

保育で使うBGMもこちらで作っています。

ちなみにジョイクリエイトのCM曲もここで作曲&録音しました♪



☆保育ラボでは常に現場目線ーーーーーーー

J Labでは、理論と実践のバランスを重視しています。

本当に必要な情報は現場にあって、

その声をいかに聞くことができるかが重要だとしています。

保護者座談会を開いたり、保育現場に足を運んだりして

現場の声を保育に取り入れていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


おもちゃエリアでは、遊びながら何を学べるのか、

子供はどのように遊ぶのか、危険はないかなどを実際に使用しながら考えます。

さらに、ここでの仮説をもとに、保育の現場に持って行って、実際に子供が遊ぶようをチェックすることもあります。


また、ラボ内では手作りのおもちゃ制作も行います。

これはただ作るのではなく、その原理や目的を理解するための制作活動でもあります。



☆保育ラボではキッズファーストーーーーーーー

もう一つとても重要な価値観に、

「キッズファースト」という考え方があります。

意外な落とし穴で、考えれば考えるほど保育者目線になってしまうことがあります。

常に子供にとってどうかという目線で保育を作ります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


☆保育ラボではポジティブにーーーーーーーーー

保育の現場の中には、愚痴の多い職場もあるようです。

しかしそれでは進歩や改善は生まれないし、

確実に子供のためにならないのは明らかです。

不都合なことは自分たちが変えてやるくらいの気持ちで取り組みます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


☆保育ラボでは失敗はないーーーーーーーーーー

保育は失敗が許されないとてもシビアな仕事です。

事故など安全に関わることでは特にそうです。

その分、ラボ内でたくさんの失敗(仮説)をすることが大事だと考えます。

ここではどんな発言もOKなので、まずはやってみてダメなら学べばいい。

ラボでの失敗はむしろ安全性を高めるものなのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


最後にラボの雰囲気です。


白衣着てます。ラボでは、白衣着てます。

いろんな人に会い、いろんな本を読み、ここで仮説を立て、検証し、現場でも検証し、よい保育を作るために日々研究に没頭します。



以上、〜よい保育を追求する研究所〜JOY CREATE 保育 LABORATORY

J Lab」からでした。

こんなイベントに託児をつけて♪

2019/10/01
こんにちは!
ジョイシッター事務局のさっこです☆

ジョイシッターplusで多くの依頼をいただいているのが、イベントでの出張託児です。

◎ママ向けのマネーセミナー
◎研修や学会、研修会での託児
◎自社イベントでの社内託児
◎結婚式での託児
◎住宅展示場での託児(キッズスペース) etc

様々な場面で託児をさせていただいています。




保護者様の中には
イベントやセミナーに行きたいけど、

"子どものことが気になって参加できない"

"子どものお預かりがあることは知っていたが、心配や不安があり、一歩踏み出せなかった"



など、イベント参加にあたって様々なおお悩みがあるかと思います。


しかし、実際にお預かりを利用された保護者様からは

"ゆっくり話を聞くことが出来て良かった"

"お迎えの際にシッターから子どもの様子を聞くことが出来て安心した"

"子どもの意外な一面を知ることが出来た"

"子どもが楽しそうでまだ帰りたくないと言われた時は驚きと一緒に安心した"



などの感想、ご意見をいただいています。


利用者さんが満足できること、安心できる託児があることで、
イベントに参加できる人が増えます!

ママ層を集客したいイベントの機会がありましたら、ぜひ利用・活用をしてみてくださいね♪

次回は、個人宅への託児やジョイシッターの活用方法をお伝えしたいと思います!

ではまた〜\(^o^)/

今週のイベント託児 ( ˆoˆ )/ 〜9月4週目〜

2019/09/27
こんにちは!
ジョイシッター事務局のさっこです☆

今週もたくさんのイベント託児がありました!
ANAクラウンプラザホテル(福岡市)でのイベント託児は、連日の実施です♪



ブロック遊びや乗り物遊びをしつつ、年齢が近い子ども同士で楽しく過ごしていました〜٩( 'ω' )و

少し大きいお兄ちゃんやお姉ちゃんは、ぬり絵やお絵かきに夢中!!!
とても上手に色を塗ったり、好きな絵を描いていました☆

9月も残すところ4日ですね!
(早いすぎる〜〜〜( ´△`)笑)

10月もイベント・セミナー託児満載です!
子どもたちが楽しく、安全に過ごせるよう、
しっかり準備していきたいと思います♪

ではまた〜

【福岡のイベント出張託児はジョイシッターまでご相談ください。】

マスコットのジョイクリくん🌰

2019/09/26
こんにちは!
ジョイシッター事務局のさっこです(^∇^)

今日はジョイクリエイトのマスコットキャラクターの"ジョイクリくん"を紹介します!

会社の名前である  "JOY CREATE'' は
"楽しいを創る" という思い込められていますが、
ジョイクリくんの名前もその会社名から取りました!



よく見るとわかると思いますが、
ジョイクリくんの頭、実は栗なんです\(^o^)/
皆さん知っていましたかぁ〜?笑

イベント託児の時にもよく聞かれます、、、

クリ、くり、栗(笑)

栗のシーズンがそろそろ来ますね!
栗を食べるときは、ぜひジョイクリくんを思い出してくださいね〜♪笑

ではまた〜

モンブラン食べよーっと

いい保育とは?【保育ラボ】

2019/09/25

こんにちは!

イベント託児や社内託児、あるいは個人宅へのシッター派遣など、様々な出張保育を行っているジョイクリエイト(福岡市中央区)ですが、次回のブログで紹介する「保育ラボ(J Lab)」で、常に考えられている問いがあります。




それは、「いい保育とは何か」というものです。これを明確にしておくことで、保育をつくる上で方向性がずれたり、的外れになったりすることを防ぐことができるようになるからです。そして、常にアップデートしているということも重要な意味があり、曖昧だったものは具体的になり、枝葉の事柄だったものは本質的になります。


そのため、いい保育とは何かという問いは日頃からジョイシッター事務局、特に保育ラボ内で飛び交っています。


ここでは詳しくは言及しませんが、


①安全であり、②子供を健全に伸ばすことができ、③楽しい。

これこそが「いい保育」ではないかと思います。

当たりまえだと思われるでしょうか。


それでも明確に言語化することが大事で、それぞれをさらに分解して考えていくことで質を高めることができると考えています。

その分解をどこまで細かくできるか。


常に繰り返し問うて、いい保育を作っていきたいものです。



今週のイベント託児 ( ˆoˆ )/ 〜9月2週目/3週目〜

2019/09/21
こんにちは!
ジョイシッター事務局のさっこです♪

今週もたくさんのイベント託児がありました!
まずは福岡市の博多区にあるウィズザスタイルにて、
ママ向けのマネーセミナーでイベント託児!



今回の出張託児では、
ミニサーカステントが初登場しました☆



"子どもたちの反応はどうかな?"と
思いながら見ていると
中に入って遊んでみたり、中から外を覗いてみたりと楽しそうに遊んでくれていました〜٩(^‿^)۶

新しいおもちゃってワクワクしますよね♪

今後も子どものワクワクする気持ちを引き出せるような環境の工夫を考えていきたいと思います!!

ではまた〜

ジョイシッター事務局パワーアップ中!

2019/09/20
こんにちは!
ジョイシッター事務局のさっこです(^∇^)

事務局もどんどん拡大、パワーアップしています!
福岡市にある本部事務局も賑やかになってきました!




新たにまた1人増えました!!!


若くてフレッシュなメンズがAD(アシスタントディレクター)として、
イベント託児や社内託児などに関する様々な業務のサポートをしてもらっています^^

これから一緒にジョイシッターを
盛り上げていきましょうね〜〜〜٩( ᐛ )و

また新たな力を活用しながら、
"子どもたちにとってより良い保育環境づくり"
を一緒に目指していきたいと思います♪

パワーアップ中のジョイシッターを
よろしくお願いいたします\( ˆoˆ )/

シッターさんのコミュニケーション〜保育の質向上計画〜

2019/09/19
こんにちは!
ジョイシッター事務局のさっこです♪

新たな取り組みとして始まったジョイシッター通信!
保育の質向上計画の一環で、イベント託児や保育の共有や、
様々なケースを紹介しながら考えるケーススタディなどを載せています。


ちなみに、その通信には付録として、託児/保育に関する情報や遊びのヒント・材料となるものを提供しています☆

10月号の付録は
①手遊び
"とんとんとんとんヒゲ爺さん"です٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
様々なおもちゃやDVD、スマホの普及などで、お家での手遊びをする機会も減っているのではないかと思います。
託児の時間は手遊びもしていけたらと思っています

②流行りの病気
10月号ではRSウィルスについて、症状や対応を記載しています。

ではまた〜

【福岡のイベント託児はジョイクリエイトまでご相談ください。】

託児の質アップ大作戦☆

2019/09/19
こんにちは!
ジョイシッター福岡事務局のさっこです(^∇^)

いつもお話している通り、ジョイシッターの託児(イベント託児や社内託児など)の特徴は「改善」だと考えています。
常にもっといい保育を目指して思考を巡らせています。
今回はその内容を一部ご紹介します。

現在、保育ディレクターの業務内容には以下のようなものもあります。


☆保育マニュアルの大幅アップデート☆
シッターが使用するマニュアルは常にアップデートをしています。
今はその大幅な見直しを行っています。
目的は「安心できる優秀な保育士の経験や勘や感覚を目に見えるようにする」ことで全スタッフの保育力を底上げすることです。
アップデートの前にはいい保育とはなにかという議論を重ねていきました。

一方で、保育現場で働く方の中には、保育は経験や感覚だからマニュアル化できないと言う方もいますが、
実はその感覚と思っていたものは「こういう場合だからこうする」というのを瞬時に判断しているのかもしれません。
掘り下げて行くと細かく分解できて、「この場合はこう」というようなベースは作ることができます。

マニュアル化は決して個性を潰したり、自由度を奪うものではありません。
むしろ考える必要のないところはマニュアル通りに行うことで他の考えるべきこと、相手のために何ができるかなどに脳みそを使うことができるようになんです!


最近、朝晩は涼しくなりましたね〜!
昼はまだまだ暑く気温差がありますので、
体調には気をつけてお過ごしくださいね♪

ではまた〜\( ˆoˆ )/

福岡のイベント託児、企業内託児などの出張託児はジョイシッターにお任せください!
※最近は福岡以外でも、佐賀県や長崎県、熊本県などの依頼も増えてきました。まずはお気軽にご相談ください。

ページの先頭へ