会員ログイン
メールアドレス
パスワード
再設定する
会員登録

ベビーシッターご利用時のルール

2022/09/09
ご利用ガイドの補足です。

【ご用意いただくもの】

1. 飲み物
2. 食べ物(預かり時間によって)
3. おもちゃ
4. お着換え /(年齢によって)おむつ
5. 救急箱(体温計、絆創膏など)


【ご利用にあたってのお願い】


① お子様の安全を守るため、お預かりする場所が保育に適切な環境であるかのご確認を事前にお願いします。
② アレルギー対策として、お子様のお食事をご用意いただく際、お子様が初めて口にするものが無いようご注意ください。
③ ご自宅でシッティングを行う際、電話や来客対応は原則行いません。もし必要な場合は事前にシッターにお申し付けください。
④ 安全確保のため、お預かり中の外出(お散歩など)の場合はマンツーマンでの対応に限ります。
ご依頼フォームで必ずチェックボックスにチェックをつけてください。
⑤ 入浴をご希望の場合もお子様が複数の場合に対応できない可能性がありますので、ご依頼時に必ずお申し付けください。
⑥ 小学生以下のきょうだい児が一緒にいる場合は原則そのきょうだい児もシッティングの対象になります。
お申し込み時にきょうだい児分も選択をお願いします。
⑦ 緊急時など、面談なしでもご利用できます。「ご面談希望の場合は希望の旨をお伝えください。
シッターとの直接面談は有料お試し依頼形式、事務局との面談は無料で、電話中心で気軽に行えます。
⑧ 基本連絡はメールと公式ラインを中心に行っております。
任意ですが、公式ラインのご登録もオススメです。= https://lin.ee/GU1zcLV


【ご利用上の注意事項】

・災害等の不可抗力の事象により、派遣ができない場合もあります。※災害時の対応をご確認ください。

・当日お子様に37.5度以上の発熱がある場合や、体調がすぐれない場合はお預かりを控えさせていただきます。
病児利用の場合は受診をした上で、[病児]を選択してご利用ください。

・保育中に対象児の体調が悪化した場合、お客様に連絡をいたしますが、すぐに連絡がつかないなどの際は、事後報告にて医療機関に受診する場合があります。


【ジョイシッターの基本サービス方針】

① 安全第一
お子様の安全を第一に考えています。
配置人数、外出時の対応等、厳しめのルールで安全対策を行っているため、
多少ご不便をおかけすることもあるもしれませんが、ご理解いただけると幸いです。
安全への取り組みは「ベビーシッターの安全対策」をご覧ください。

② シンプルで簡単に
忙しいパパママが利用しやすくなるように、ネット完結型にしています。
紙や電話のオペレーションも減らすことで伝達漏れのリスクも減らします。(問合せやご相談はお気軽にお電話どうぞ!)

③ 改善主義
安全で質の高い保育を目指し、お客様からのご意見は必ず改善会議で話し合います。

④ 合理的判断
「なんとなく」や「他のシッター会社がやっているから」という理由では行動しません。
常にお客様、お子様、シッター、社会のことを総合的に判断して最も良いと思われる選択を目指していきます。


【台風や大雨等の天災時の対応について】

・台風等の自然災害時も、安全を考慮したうえで出来る限り対応させていただく方針です。
(医療機関やライフラインを守るお仕事のように、どうしても保育が必要な方がいらっしゃるため、出来る限りの実施を目指しています。)
ただし、対応できない場合もございますので、その際はご連絡させていただきます。
判断基準例:公共交通機関が使用できるか。風速や雨量など。こららを総合的に判断。


・保育が提供可能な(不可の連絡がない)状態でキャンセルをされる場合は、通常のキャンセル料が発生します。
万が一シッターの派遣が不可能となってしまった場合に関しては、勿論、無料キャンセルとさせていただきます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<以下は、病児でのご利用時にお読みください>

【ご用意いただくもの】

1. 救急箱(体温計、絆創膏など)
2.  消毒液(あれば次亜塩素酸水など)
3. 保険証(原本またはコピー)
4. 母子手帳
5. おくすり手帳


【医療行為等】

1. シッターは、医療又はそれに順ずる行為は行いません。
2. シッターがお客様に代わって投薬を代行する場合は、医師からの指示、又は医師から 直接指導を受けた保護者の指示によるものとし、その結果についてジョイクリエイト及びシッターは一切の責任を負わないものとします。


【病院の受診】

1. 原則として、保護者が対象児 を病院で受診させ、第三者(シッター)による保育の承認を得なければなりません。
2. 病院受診が必要となった際、医療費や交通費を支払う必要が生じた場合は、お客様の自己負担といたします。
3. 保育中に対象児の病状が悪化した場合、お客様に連絡をいたしますが、すぐに連絡がつかないなどの場合は、事後報告にて医療機関に受診する場合があります。


☆以下の場合は、病児保育の利用ができない、もしくは中止する場合があります。

1. 重度の疾患の場合
2. 保育中に著しく病状が悪化した場合
3. 医師が第3者による預かり保育を不可と判断した場合。
4. 自然災害や停電、断水、交通機関の大幅な乱れなどにより、サービスの提供を継続することが困難になった場合。もしくはその他病児保育の安全が保てないと判断した場合



新着トピック 一覧

ページの先頭へ