会員ログイン
メールアドレス
パスワード
再設定する

RSウィルスについて【福岡・訪問型病児保育】

2020/12/18

みなさん


こんにちは♪

ジョイシッター事務局です*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.


寒さも増し、病児保育のご依頼も増えてきました。


今日はこの時期に流行る子供の病気について書きたいと思います!

また、あくまで参考程度にして頂き、感染が疑われる場合は迷わず病院に行ってくださいね。


福岡のベビーシッター・病児保育はジョイクリエイトのジョイシッターPLUSまで☆

https://joy-create.com/request/


【RSウィルス】

・生後1歳までに半数以上が、2歳までにはほぼ100%の子どもが少なくとも一度は感染するといわれている。 ・乾いた咳,発熱,鼻水が数日続き、多くは軽症で済む。 ・7割は通常の風邪のような症状で済み、3割が「呼吸が浅くなる」「ゼーゼーする」「痰がつまる」「呼吸数が増える」「眠れない」などの症状が現れる。 ・熱は出ないことも。 ・6ヶ月未満の乳児は重症化しやすく、細気管支炎や肺炎を起こすことも。 ・生後1ヵ月未満児の場合、診断が困難な場合があり、突然死に繋がる無呼吸発作にも繋がる




【感染経路】

ウイルス感染 ・飛沫感染 ・接触感染


【潜伏期間】

・2~8日


【出席停止期間】

・なし


【ケアポイント】
・早めの受診が肝心。 ・根本的な治療法がないので、長引かせないように安静にし、医師の指示に従う。 ・水分補給


【予防など】
・2歳以上や大人が感染しても風邪のような軽症でRSウイルスと気がつかずに乳児にうつしてしまうことがあるので、乳児だけではなく年中以上児や大人も感染に気をつける。 ・ワクチンなし ・マスクの着用,手洗い,うがい ・日常的に手に触れるおもちゃやドアノブ、手すりなどはこまめにアルコール消毒。


スタッフブログ 一覧

ページの先頭へ