会員ログイン
メールアドレス
パスワード
再設定する

AD成長日記vol.1

2019/10/23

こんにちは!



ジョイシッター事務局でAD(アシスタントディレクター)をしている古川です。


今回初めてブログを書かせていただくことになりました。

新人目線、男性目線から保育を通して学んだこと、感じたことを発信していけたらと思います。

拙い文章ではありますが、最後まで読んで頂ければ幸いです。


軽く自己紹介をさせていただきます。


大学では法学部で刑法を専攻し、体育会サッカー部に所属していました。

保育士としての勤務予定はありませんが、保育士の資格は取りたいと考えています。

人見知りですが、初めて入った時から周りのシッターさんたちに優しく話しかけてもらい助かっています。

(いつもありがとうございます!)



自己紹介はこの辺にして、さっそくブログの中身に入っていこうと思います。

今日は、現場の体験とそこでの学びについて書いていきます。


初めてイベント託児に入った日のことは今でも覚えています。

あの日から、たくさんの現場に入らせていただき、僕自身とても成長できたと実感しています。


今までは低年齢のお子様を預かる経験が少なかったので、

先日の託児では「おむつを完璧に替えれるようになりたい」という目標を立てて取り組みました。


事前に他のシッターさんたちにお願いをして、おむつ替えに積極的にチャレンジさせてもらいました。


事前に教科書などで勉強をして、イメージトレーニングまでは完璧だったのですが…

いざチャレンジしてみると、、、

緊張もあってパンツタイプのおむつに上手く足を通せなかったり、ゴロンゴロンしちゃう赤ちゃんに苦戦しました。


それでも周りのシッターさんたちは、アドバイスをくださったり、

できるまで見守ってくださったり、優しくサポートしてくださったり、

おむつを替える機会があるたびに僕を呼んでくださったりしたおかげでたくさんおむつ替えを経験することができました。


その結果、自分一人で替えられるぐらいには成長し自信がつきました。

いつも周りのシッターさん達の優しさに、感謝しかないです。


今回の託児では「おむつを完璧に替えれるようになりたい」という目標を持って臨み、それに向けて積極的にチャレンジしていけたので、次回以降も目標を持ってチャレンジしていきたいです。


このように、1回1回の託児にテーマや目標を持って少しでも何か自分の成長に繋げられるよう、常に向上心を持って頑張っていきます。




堅苦しい文章を、最後まで読んでいただきありがとうございます。


スタッフブログ 一覧

ページの先頭へ