会員ログイン
ログインID
パスワード
 

育児関連の福利厚生制度

女性の活躍を重視していく社会の流れの中で、育児に関連した福利厚生制度も注目されています。
こちらでは福岡だけでなく全国のおもしろい育児関連社内規定をご紹介します。

育児休暇

社会保険による育児休暇に加え、企業様ごとに育児休暇の規定があるケースは珍しくありません。
特に長期間の休暇が認められる企業様の中には、育児・介護休業を最長6年まで取得できるケースもあります。

例えば、育児休暇以外の休暇制度で美容院・理容室を利用するために平日半休を取得できる企業もあるようです。
ベビーシッターをご活用いただいている方の中には、美容室に行く時間もない「働くママ」も多くいらっしゃるので、ベビーシッター派遣と合わせて是非活用したい福利厚生制度ではないでしょうか。

育児・出産関連手当

育児・出産は経済的な負担が生じるのも事実ですが、企業によっては独自に出産祝い金が支給される制度を設けているところもあります。そんな中で人気企業の福利厚生制度の中には、復職した社員がベビーシッターなどの保育サービスを利用した場合に、ベビーシッター費用をサポートしてくれる制度の事例もあるようです。

労働時間の短縮・その他

企業の中には一般的に通常と考えられている8時間労働よりも、定時の労働時間を短く設定している企業もあります。
お子様と過ごす時間を大事にしたいという方も増えてきているため、人気の制度だそうです。また、日本でも社内託児所とベビーシッター制度を合わせて導入する企業様が増えてきています。弊社でも実際にベビーシッター導入や社内託の導入のご相談が増えています。

企業ごとに特色ある福利厚生制度は、時に就職活動中の学生が就職希望先を決定する判断基準にするほど重要なものです。ベビーシッターの活用をはじめ、様々な福利厚生制度を参考にする事で女性が働きやすい企業づくりに取り組んでみてはいかがでしょうか。