会員ログイン
ログインID
パスワード
 

「仕事」と「育児」の二者択一になる理由

福岡でも働く女性は数多くいらっしゃいますが、多くの方がお悩みになっている事として仕事と育児のどちらを取るかという事が挙げられます。それでは、なぜどちらかに絞らなければいけないのでしょうか。

育児は女性だけの仕事?

最近少しずつ変わってきましたが、「育児=女性」の仕事という考え方は男女どちらにも根強く残っています。
その背景をよく見ていくと、会社での働き方が大きく影響している事も否めません。例えば、団塊世代や団塊ジュニア世代は家族よりも仕事を優先する事の方が生き方としてかっこいい、会社から認めてもらいやすいという中で働いてきた流れがあります。
企業としてもより多くの労働時間を確保できる男性を積極的に登用してきた経緯があり、女性が育児に専念するという流れになっていったようです。

協力者が少ない

女性が仕事と育児を両立しにくい理由の1つには、子育ての協力者がいないという事も挙げられます。
例えば、一昔前は同居しているおじいちゃんおばあちゃんが子育てに協力してくれるケースもありましたが、現在は東京や大阪、福岡などの都市部を中心に核家族世帯が主流となっています。福岡市をはじめ各自治体でも様々な育児サポート制度がありますが、需要に対して供給が追いついていないという事もあり、待機児童の問題などにつながっています。
ベビーシッターは海外での事例を踏まえ、新しい協力者としてお役に立てる存在になり得ます。

調和を図るために

仕事と育児の二者択一ではなく、両立したライフスタイルを送りたいという女性のニーズは年々高まっています。
その中で、ベビーシッターの活用もお役に立てる事が数多くあります。ベビーシッター派遣は、どうしても抜けられない会議や打ち合わせの間、お子様の心配をしないで仕事に専念できる点で好評です。

また、会社に託児所やベビーシッター制度を導入する事で、会社が子育てをしながら働く女性の協力者となる事もできます。
ベビーシッターの利用は日本ではこれからの動きが期待されていますが、海外では様々な育児サービスの中でも重要なものの1つです。個人・法人問わず注目されるベビーシッター導入を是非ご検討ください。