会員ログイン
ログインID
パスワード
 

ベビーシッターの需要が高まっている背景

近年、働く女性を中心にベビーシッターの利用者が年々増えています。
そこで、こちらでは「ベビーシッターの需要が高まっている背景」についてご紹介します。

待機児童数の増加

都市部を中心に待機児童数が年々増加しています。待機児童とは「保育施設に入所申請の手続きを行っているにも関わらず、満員で入所できない児童」のことをいいます。この問題を受け、待機児童数を減少させようと「待機児童解消加速化プラン」をスタートさせたり、保育の受け皿を確保しようと国や自治体は様々な対策を行っています。しかし、保育施設の定員の関係で入所を断られるケースも多く、ベビーシッターの存在に大きな期待が寄せられています。

女性の就業意識の高まり

少子高齢化といわれる現代。少子化であるにも関わらず、保育施設が不足しているのは何故なのでしょうか。
様々な理由が考えられますが、その中でも女性の社会進出が大きく関係しています。従来では「夫は仕事に専念し、妻が家事・育児をこなす」といったスタイルが一般的でした。しかし、バブル崩壊以降、日本の経済状態は大きく悪化し、女性も働かざるをえない状況に陥ったのです。また、近年では夫婦同士の意見が合わず、様々な家庭問題を抱えて離婚するご家庭も増えています。
一家の大黒柱として働き、生活を支えるシングルマザーにとって、ベビーシッターは重要な存在といえます。

弊社は、福岡で訪問型ベビーシッターの保育サービスを行っています。お買物やジムでのリフレッシュ時間、病院や急な用事を思い出した時、疲れた体をしっかり休めたい時など、あらゆる場面においてベビーシッターは大いに役立ちます。

また、スタッフ全員、独自の基準に合格した人を採用しておりますので、初めてベビーシッターを雇う皆様にも安心してご利用いただけます。対応エリアは、福岡市中央区・福岡市博多区・福岡市西区・福岡市南区・福岡市城南区と幅広く、今後も順次拡大してまいりますのでご検討中の方はお気軽にお問い合せ下さい。